生きていらしたらきっと。

再読、向田邦子『男どき女どき(新潮文庫)』

いやー、このタイトルが『オドキメドキ』と読むことを初めて知りました。

ふむ、世阿弥。教養があります。この最後の短編小説四作すごいです。

さらに生きておられたらきっと日本のデュ・モーリアに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ