ハッピーエンドの逆だった!

メアリー・チェンバレン『ダッハウの仕立て師(早川書房)』

勝手にハッピーエンドを想像してたらショック!

しかし生地の特徴や仕立てる過程の記述の美しいこと、

“謎に包まれたシフォン”“強情なシルク”“怠け者のフラノ”云々。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ