餃子はやっぱり『淡水軒』。

井上理津子『関西かくし味(ミシマ社)』

知ってる店、行きたい店がたくさん出てますが嬉しかったのは

元町の餃子&水餃子の名店『淡水軒』が紹介されていたこと!

あー、食べたい。

リービ英雄『模範郷(集英社)』。 カズオ・イシグロと混同してたという

この無知ぶり。 戦後の台中の、日本人が遺した住居で育ったアメリカ人、

今住んでるという、舗装されていない道の先の

“陽の当らない部屋”も気になります。

映画邦題のセンスには首をかしげることが多いですがこれも、

『天使にショパンの歌声を』、なんか語呂を良くしたいんでしょうね…。

しみじみ良かった、最後の展開をふたつのセリフで察知するという

出し惜しみ?がまた潔かったりして…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ