気になる作家。

新津きよみ『彼女の遺言(角川春樹事務所)』。

この方の小説、どっちかというと地味なんですが気になるんですよね。

死んだ親友が遺した梅酢を使って戻りたい時間にタイムスリップ、って

新津さんが書くとタイムトラベルまでもが日常の延長に。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ