今日発売です!

吉元由美『40代「泣きたい日」の頑張り方(三笠書房)』

いいタイトルですよね~☆

三笠書房の知的生き方文庫の最新刊として本日発売でございます。

40代に限らず皆さまに読んで欲しいと吉元。

40代までが人生のリハーサル?

ということは40代からが人生本番ですね。

“苦境に立たされるのは神様から見込まれている証拠”、元気が出ます。

文庫サイズですのでバッグに一冊どうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『海賊』東京公演!

アンナ=マリー・ホームズ先生と柄本弾、

東京バレエ団『海賊』の3日目が終わったあとの一枚、

先生も弾君もいい表情ですね~。

弾君は初演&初日の主演もお疲れさまでした。

こちらは初日の終演後、アリを踊った宮川新大(みやがわ・あらた)さんと。

この日は弾君の楽屋を訪ねる関係のお客様が引きも切らず、

早く衣装を脱いで衣装さんに返さなくちゃ!な時間になりました。

ミラノ・スカラ座の衣装、美しかったですね~。

東京文化会館にお越しくださった皆さま、有り難うございます。

まだ2都市での公演がございまして、

柄本は23日(土)の兵庫県立芸術文化センター

また主演のコンラッドを踊ります。

全部持って帰られた?

たくさんのお花やプレゼントもすみません。

『週刊女性』の記事を読んで、あのお菓子を差し入れてくださった方も…!

同じナデシコプロからも心強い?応援続々、

昨年12月の『ボレロ』に続きお友達と駆けつけた作詞家の吉元由美、

これからも追っかける!と申しております。

本人もアメブロに書いていますのでご覧くださいね。

どこで聞いたか『初演の初日を見ると10年長生きする』と信じる

漫画家の桜沢エリカも初日にふさわしい着物すがたで。

桜沢も『海賊』やこの日の着物についてアメブロに書いております

あら、先生はちゃっかり、東京バレエ団のOBで

柄本弾が尊敬する高岸直樹さんと。

さて関西の皆さま、今週柄本はさらにお稽古を重ねておりますので

もう少しお待ちくださいね。

オマケ、

大好きな二瓶加奈子ちゃんを発見!

オダリスクの踊りがピカイチでした。

樋口祐輝さんと一緒にパチリ、お二人とも有り難うございます♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

改めて2曲をご紹介します。

先日iTunesでの配信が始まった杏里さんの新曲3曲、

吉元由美はうち2曲の詞を書きました。まず『忘れられない贈りもの』

“つらい時ほど笑った 優しいその強さを思うたびに

いつも勇気をもらうの♪” でございます。

こちらは『Crescent Moon』

“愛はいつか 祈りへとかたちを変える♪” ですよ!

1曲250円です、是非ダウンロードをどうぞ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月20日、発売です。

とってもいいタイトルですよね、

『40代「泣きたい日」の頑張り方』(三笠書房)

まもなく20日に文庫として発売になります。

この本、吉元の『凛として立つ』という単行本の文庫版ですが

文庫化にあたり大幅な加筆修整をしていますので

お宅の本棚にこの赤い本がある方も是非お読みくださいね♡

これから40代の方、もちろん40代、50代の方にも!

このエントリーをはてなブックマークに追加

第10回日本語大賞。

昨日は冷たい雨でしたが表情は晴れやかな吉元由美、

審査員をお引き受けしている『日本語大賞』の表彰式だったのでした。

受賞された皆さま、おめでとうございます!

日本国内だけでなく世界14ヶ国から4222通の応募があったそうで

さぞ審査も大変だったかと… でも嬉しいですよね。

一般、高校生、中学生、小学生の部の、それぞれ文部科学大臣賞に

選ばれた方が参加されました。 作品は公式サイトで公開されていますよ☆

ところで会場となった東京書籍のロビーにはこんな掲示が。

そう、先日惜しまれつつ亡くなった堺屋太一先生です。

東京書籍では『堺屋太一著作集』全18巻を出版されたご縁だそうで…

橋下徹さんの涙の弔辞も記憶に新しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加